二次的被害でトイレの水漏れが発生

トイレ 水漏れでは、別の原因により結果として水が漏れてしまうなど、二次的被害が発生することもあります。どのような状況になると水が漏れる心配をしなければならないのか、あらかじめ知っておくと対応も迅速に行えることとなります。症例の中には、早く業者へ相談する必要があるものも存在します。

■詰まりが原因

トイレの排水は、詰まりが原因で水漏れしてしまうことがあります。配水管の設置の仕方により詰まりやすい場合もあれば、流すことができない異物を流してしまうことで詰まる場合もあります。うまく流れないことで逆流してしまい、便器から水が漏れてしまうようになります。逆流するとトイレの部屋を汚してしまうこともあるので、詰まりは早急に解決することが求められます。気がつかないうちに発生していることもあるため、注意するようにしましょう。

■便器の破損が原因

長年利用しているトイレの便器は、経年劣化により破損してしまうことがあります。破損によりひびが入ったり割れてしまったりすると、水漏れが発生します。このような状態になると傷口をふさいでも他の場所から水漏れが発生することもあり、傷口から再び水が漏れてしまうなど、根本的な解決ができないことも考えられます。このような状況に陥った場合は、便器の交換をして解決することになります。同じ種類の便器の交換であれば、すぐに対応をしてもらうことも可能です。

■まとめ
トイレの水漏れは、他の原因によって発生してしまうことがあります。特に排水の詰まりによる逆流は汚水の漏れになるので、片付ける作業が大変です。便器の破損の場合には、交換をして新品にすることが一番良い解決方法になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ